弊社は、平成18年2月に食肉業界では初めて、東京都食品衛生自主管理認証制度の認証を受けて、現在まで順調に更新審査に合格し続けて参りました。そして、平成20年11月には東京都の「食品衛生優良施設」に選定され、この度は全国の「食品衛生優良施設」の受賞に至りました。これもひとえに弊社創業以来の基本理念である、食の安全・安心を貫いてきた成果と自負いたしております。
表彰式は、平成23年10月21日、東京・日本橋浜町・明治座において来賓として、小宮山洋子厚生労働大臣臨席の下盛大に執り行われました。

   
                                    弊社代表取締役 
                                        中山 勝巳(表彰式会場にて)

*ご挨拶
 弊社は現在創業53年、半世紀を迎えました。次の半世紀も存続する為には、食品の製造・加工及び保存技術の向上を目指し、取引先の獲得においては「全方位外交」の精神で意識を高めたいと考えております。しかし、近年この業界では、流動性と革新性のスピードを重視するあまり、経営者の食の安全・安心に対する意識が不足しているように見受けられます。経営者の責任意識が必要不可欠であり、食中毒事件、食品偽装、産地偽装等はすべて経営者の怠慢であると考えます。
 今回の受賞を後世に示す誇りとして、衛生管理の向上を理念とした優良施設を維持発展させていきたいと思います。